赤倉温泉
「温泉法」によると、19種類の特定物質のうち1種類でも規定値に達していれば温泉となります。
山の温泉は圧倒的に「単純泉」が多いと思われ、「単純泉」とは、成分が単純と言う意味でなく、
各々の効能成分が一定量に達っしていないということです。
赤倉温泉は、数箇所の源泉が各々50〜60度で、集中湯升で51、1度になり、各施設で湯口で
48度になります。それが浴槽に満たされると40〜42度となります
また、「硫酸塩泉」「炭酸水素塩泉」という2つもの泉質を併せ持つ、効能の高い温泉です
殿様の湯の歴史
〜江戸時代文化13年(1816年)〜
 赤倉温泉の歴史は古く、温泉郷となったのは江戸時代のこと。
 文化11年(1814年)に村からお役人へお願いしたのが赤倉温泉郷誕生のきっかけ。
  米一石一両の時代に、実に1,100両もの出費をしての大事業でした。
  お願いから二年後の文化13年(1816年)3月より着工、同年9月下旬に温泉引湯に成功。工事にあたっては佐渡、越中より大竹を取り寄せ妙高山地獄谷より約7キロの距離を500本の大竹で結んだというちょっと信じがたいお話。
  赤倉温泉は日本唯一の藩営温泉となったのでした。

     文人名士に愛されています 

  「金色夜叉」の尾崎紅葉、横山大観、菱田春草、下倉観山らの師、日本近代美術の父とも
 言える岡倉天心、与謝野晶子、与謝野鉄幹、有島武雄、等
  細川侯の別荘が設けられると、高松宮殿下、秩父宮殿下がスキーにおいでになったり、
 久爾宮家の別荘も建てられ、皇族の避暑地となって更に有名になったのです。

温泉ソムリエ
温泉ソムリエをご存知ですか?温泉ソムリエとは健康増進の為
温泉入浴法を指導するアドバイザーです。

泉温別入浴方法
温泉の温度によって身体には様々な変化が起きることをご存知ですか?温熱刺激によって自律神経・内分泌系の反応が変化することによって起きるのですが。

例えば。

自律神経には「交感神経」と「副交感神経」があります。大まかに説明すると交感神経は緊張や興奮を司る神経、副交感神経はリラックス、沈静を司る神経です。

・高温浴では「交感神経」を刺激し、
 目覚めの様な効果
・低温浴では「副交感神経」を刺激し、
 気分を落ち着かせリラックスさせる効果

この様に温度によって異なる作用を踏まえ、体調に合った温度の入浴をお薦め致します
浸かり方  
全身浴 半身浴 寝浴 足浴 手浴 座浴 露天風呂の効果 分割浴
 ・十分にかけ湯をしましょう。これはマナーであると
  同時に急激な温度変化による血圧の上昇の
  防止になります
 ・入浴直後の運動、宴会は避けましょう(湯治の方)
  温泉療法は一時的な疲労を作ることで、
  蘇生力により健康体を作るという面があり、
  休養が大切なポイントとなっているのです


 ・入浴は体力を消耗します。
  入浴回数は一日三回を
  目安にした方が良いでしょう

 ・入浴後の休息は少なくとも
  30分は横になり血圧が安定
  するまで

 ・水分(ミネラル)、ビタミンcの摂取
  発刊作用により失われた水分を
  摂る習慣を付けましょう

 オレンジジュースや
スポーツドリンク等が
お薦めです
  ・温泉成分は洗い
  流さない
  タオルで軽く拭く程度
  バスタオルは使わない
  湯冷めしない為に
  風呂場で身体を拭き
  上がる様にしましょう



・リフレッシュの為の旅行でアルコールはかか
 せないと思う方もいらっしゃると思いますが
 くれぐれも飲みすぎには注意しましょう

・入浴してはいけないタイミングがあります
 詳しくは
こちら>>>>>

ここまでに紹介した方法は言うなれば万病予防と言っても良い入浴法です。
症状別の入浴方法は温泉ソムリエに気軽にお尋ね下さい

**こんな症状の方に勧める入浴法があります**

 ●肩こり・四十肩・五十肩予防 ●腰痛 ●膝の痛み・変形性膝関節症 ●骨粗しょう症
 ●血圧に不安をお持ちの方 ●糖尿病 ●胃腸病 ●神経痛・リウマチ ●ダイエット

**少しだけご紹介**
浸かり方
一般適応症 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、
くじき、慢性消化器病、痔病、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進
硫酸塩泉 動脈硬化、胆嚢炎、胆石、便秘、肥満、糖尿、痛風 他
炭酸水素塩泉 きず、皮膚炎、消化器病、痛風、肝臓病 他
超高温浴 高温浴 温浴 低温浴 不感温浴 冷温浴 冷水浴